葉酸の効果と効能まとめ!妊婦さんが摂取する胎児への効果について

妊娠をすると、なんといっても大切なことは赤ちゃんが正常に育ってくれるかということです。

出産をした時に、赤ちゃんを見て健康であるとほっとしますね。ところがその赤ちゃんが、健康でなく障害があるとその悲しみは想像することができないほどなのです。

その時、どんなことをしても赤ちゃんが障害を持つことがないように守りたいですね。そんな時、葉酸は赤ちゃんを守ることができる栄養素として注目をされています。

その事から、医師も葉酸摂取を勧めているのです。ここでは、赤ちゃんを守ることができる葉酸についてご紹介します。

葉酸の効果

神経管閉鎖障害のリスクが少なくなる

葉酸を摂取することにより、神経管閉鎖障害のリスクが少なくなると言われています。その病気は、二分脊椎症や無脳症などを起こす病気なのです。

その結果、命も脅かされることになります。細胞分裂が行われている時に、そのような現象を引き起こす事があるのです。その時、葉酸を摂取することにより葉酸が細胞分裂の働きをサポートすることができるのです。そのため、神経管閉鎖障害のリスクを少なくすることができます。

ダウン症の発生を防ぐ

染色体異常として、有名なものにダウン症があります。ダウン症は、DNAの異常により起こると言われています。

その原因の一つとして、葉酸不足が言われているのです。葉酸を摂取することにより、細胞分裂を正常化させることができるので、染色体異常を予防することができます。

その他の染色体異常を防ぐ

その他の染色体異常が発生するのも、細胞分裂の時に異常が発生するためと言われています。細胞分裂は、妊娠初期に行われるので、妊娠をしているのかわからない時に細胞分裂が既に開始されていることもあります。

そのことを思うと、妊娠する以前から葉酸不足を予防したいですね。食生活でなんとかできるものの、やっぱり不足していると思った時には、サプリなどで補うことも一つです。すると確実に葉酸をとることができます。